腰痛、肩こりは按腹治療の東京都練馬区「源義堂宮原鍼灸ファミリー治療院」へご相談ください。

予約優先・お気軽にお問い合わせください

TEL03-3554-9500
お問い合わせフォーム

ブログ

経絡は血管のように霊の人体を潤す

僕たちは病気の人を治すために取り組んでいます。
けれども、病気っていったい何でしょう。
気が病んでいる人を病人と言いますが
気が病むって?
そもそも気とは???

僕ら鍼灸師が取り扱っている気とは、経絡という回路を流れている何ものかです。
粒子?  波動?  諸説あります。
僕の父は、田中良運師との実験的研究で電磁波の一種と結論していましたが、、、、

僕ら鍼灸師は、臨床で日々経験している経絡現象を通して、経絡という回路の存在を確信しています。
たとえ解剖の教科書には書かれていなくても。
様々な画像診断にその姿を現さなかったとしてもです。
特定できない、数値化できない、そういう何ものか。

経絡というのは肉体でいえば血管に相当します。
経絡は細かい細絡に分かれ、毛細血管のように全身を潤す格好になっています。
その中を流れているのが気(キ)ですが、肉体でいうところの血液に当たります。

ここでわかることは
肉体と等身大の霊人体が、肉体と重なるように存在していて、血管のような経絡を持ち、血液のような気(キ)が巡っているということです。

更に痛みなどを経絡治療でキの流れを改善することで取ることができることを考えると、肉体とそれに重なる霊人体は相互に関連しあっているということです。
経絡治療は肉体に刺鍼して、霊人体に影響を及ぼし、結果が肉体に現れる治療だということができます。

霊人体は死んでからの身体と考えられがちですが、肉体が元気な時も重なって存在しています。
死ぬと霊魂がどこかからか抜けて出ていき、天井から自分の死んだ肉体を見るというような話を聞いたことがあると思います。
だから死ぬ前には霊人体も肉体も重なるように一緒にいるということです。

しかし重なっていると言いましたが、完全に一致しているわけではありません。
血管の走行と経絡の走行は完全には一致していません。
神経の走行とも一致していません。
部分的に一致するのですが、経絡は独特の意味合いを持って巡っています。

霊と肉とは違う働き(機能)をもっています。
例えば肉体は食事と水が必要で、そして空気を吸って生きています。
霊人体は?
よく言われるのは、霊は死んでるから食べないし、空気も要らない。
でも昔から伝わる地獄絵には餓鬼霊が貪り食う姿が描かれています。
日本人の多くは御霊前、御仏前に食べ物をお供えする習慣があります。
一方でお寺の住職がお線香の煙が霊の食べ物だというお話をされるのを聞いたことがあります。
この問題は深い!
次回経絡の観点からみてみたいと思います。

予約優先お気軽にご相談ください

TEL03-3554-9500

診療時間
8:00~20:00日曜:14:00~19:00)
休診日
木曜日
お問い合わせフォーム