腰痛、肩こりは按腹治療の東京都練馬区「源義堂宮原鍼灸ファミリー治療院」へご相談ください。

予約優先・お気軽にお問い合わせください

TEL03-3554-9500
お問い合わせフォーム

ブログ

SNSのいじめから恐怖症になってしまった子供の治療

昨今多いのですがSNSによるいじめを経験した中高生がストレスから精神を病んでしまうケース。

携帯端末からの電磁波で視神経や大脳に影響が出ていることがようやく検証され始めているようですが、

これは不都合な真実のひとつ。

5Gに進んで行きつつある世の中にあっては、そのような警鐘を鳴らす検証はどこかに埋められてしまうでしょう。

ともかくいじめを受けてしまった子供は、満身創痍で、どこに触ってもビクッと皮膚が緊張してしまう状態でした。

周り中から見えない針で突かれてきたのか、痛いのか、くすぐったいのか、過敏に反応してしまいます。

温かい手のひらで服の上から大きな面積に触れるとようやく触れるようになります。

家族の話からすると不安症で被害妄想があり、不思議な話をするので月に一度精神科を受診しているとか。

この子の全身を両手でスキャンしてみると下腹部に緊張が特に強くなっていました。

この部分はほとんど触ることができないのですが、電気治療器HQ8000の手のひら大に電気刺激を加えました。

下腹部を緩めることで胃腸が音を立てて動き出しました。

完治には心理的なケアと継続的な微弱電流刺激が必要です。

何より、心の傷が早く癒えることを祈っています。

 

嫉妬心の影響

16世紀の医家である夢分齋先生について書いている鍼道秘訣集の中に(四)三清浄という文章があります。
そこには清い心を曇らせる3つの悪雲が挙げられています。
すなわち、貪欲、目眞恚、愚痴です。
治療家として避けるべき悪雲について禅僧であった夢分が説いています。
二つ目の目眞恚は、怒りとかイライラ、嫉妬心、執着心等を戒めています

恐怖心が胃と腎に影響して発症した不安症

恐怖を感じたとき、身が縮むように感じるというごとく、身体への影響は無視できません。

おばけを見たり、犬に吼えられたりと、その形は様々ですが、どれも良い思い出とは言えません。

恐れおののきが過ぎると腎を傷めます。

急な物音で驚き、飛び上がった経験があるでしょうか。

これは腎の部である下腹部が反射で急に縮み、飛び上がったり、うずくまったりすると考えられます。

腎気が下がり、身体を温める作用が低下して、夏でも温めなくてはいられない方にお会いしました。

この方の、症状の原因を調べると過去の恐怖体験が原因しているようです。

潜在意識に固まっている恐怖心が、おなかでは腎と胃の部にこりを形成しています。

お腹のコリを除去しながら、同時に潜在意識の固まりにもアプローチして治療しています。

 

心と身体

人間が怖いものと遭遇すると、例えば森で熊に遭遇するとか
するとまずびっくり反射を起こします
びっくりして飛び上がる、あるいはさっと身をかがめる
これらの反射は下腹部の筋肉が急に収縮して身体を小さくしているのです
虫もそうです
芋虫、ダンゴ虫を軽くつついてみると丸まって小さくなります
そういう反射が人間にもおきます

その時、顕著に反応するのが腎の領域である下腹部です
恐れおののきが腎と関連している
これを昔から人間は理解していました

臓腑と感情は対応している
すなわち感情は臓腑にぞくしています

心(こころ)というと、しんのぞう(心の臓)すなわち所在は胸の中です
でも心臓が関連するのは喜びという感情で、他の怒り、恐れ、憂い、悲しみは別の臓腑に属していると言われています

すなわち
肝=怒り   心=喜び   脾=思い憂い
肺=悲しみ憂い   腎=恐れおののき

怒りは肝に属し、肝からワナワナと湧いてきます
または一気に雷のように、肝から放電します
そして怒りは肝の華である目からめらめらと燃え出したりもするのです

怒りっぽい人は肝のつぼを刺激すると感情をコントロールしやすいです
簡単なのは脇腹の按腹
脇腹の硬くなっている人はコントロールしにくくなっていますから、よく揉んでください

目に見えない心や感情が、目に見える身体と対応しあっている
だから心や感情を正常化することができれば身体の異変も正常化することができるでしょう逆に身体に鍼などの治療を加えることで、心や感情も正常化させることもできるのです

それで最近増えている精神的な病やストレスからくる症状、不眠や不安症、パニックなども身体のつぼで治療されるのです
五臓の気のバランスを整えることで心も身体ももっと居心地がよくなることでしょう

恐怖はどこから

恐怖心は人間を破壊する毒のようなものです
恐怖心があるために、人間は本当に危険なことから回避することができます
例えば死の恐怖を感ずれば危ない無茶はしないというように

でも多くの場合恐怖心は人間を不幸にしています
というか恐怖を感じている限り、本当に幸福だとは言いにくいと思います
幸福を追求して発展し続けている人類が、依然として恐怖を克服できない
恐怖はストレスとして、人間を苦しめ、悩ませ、病気にしています

恐怖は最初から人間に与えられたものなのでしょうか
それとも後天的に獲得してしまった副産物なのでしょうか

ギリシャ神話にはパンドラの箱を開けた瞬間から恐怖や病気、すべての悪いものが始まったという記録があります
パンドラという女性が好奇心から開けてしまった箱は、何かを譬えているのでしょうけれど、いずれにしろ後天的に獲得したもののようです

旧約聖書の失楽園の物語でも、エバという女性が善悪知るの木の果実を食べて恐怖心が始まっています
初めの人類が堕落して神様からエデンの園を追われる時に、羞恥心で下部を隠し、恐怖で身を隠したアダムとエバでした
この物語も恐怖心が後天的な産物であることを示しています

人間に最初からあったように当然のように内在している恐怖心
あたかも細胞に刻まれているかのように湧いてくる恐怖心
トラウマを解消していくように、ひとつひとつ断片的な恐怖心を解決していき、
やがて根こそぎ恐怖心を引き抜くことができたなら
多くの病気や症状は消えていくことでしょう

恐怖が病気の原因になる

恐怖心を持ちたい人がいるでしょうか
お化け屋敷に行って恐怖体験をしたい人は、怖いもの見たさという人間の好奇心の強い人なのでしょうか
ジェットコースターやバンジージャンプに挑戦する人も身がすくむような思いをしながらそれを克服する手ごたえを感じたいのでしょうか
お化け屋敷もバンジージャンプも、それがいずれ終わることをわかっているから楽しめるのではないでしょうか
それが永遠に続く恐怖だとしたら、それを自分のものにしたい人はいるのでしょうか

今朝の『チコちゃんのぼーっとしてるんじゃねーよ』(テレビ番組)で、バンジージャンプなどの高い所で怖さを感じる時には下腹部がぞっとするような感覚を覚えるというのをやっていました
九州大学の吉原先生が膀胱の筋肉の伸縮によってそういう感覚になると説明しておられました
東洋医学では恐怖は腎に属する感情ですので、強い恐怖は腎を傷めます
高所の恐怖も腎に影響して、腎の現れている下腹部に反応がでるということになります

「東京は怖い」と言って地方に隠居された方がいました
どのような怖い思い出が東京にあるのかは別として、恐怖は腎に影響し、腎経、膀胱経の問題が起こる場合があります
膀胱経は脳を通過しますので、脳の様々な問題も起きてくるのです

心の中に恐怖を持っていると、それは毒になります
腎を傷め、全身にも影響します
治療を通して恐怖を取り除く作業が必要になります

予約優先お気軽にご相談ください

TEL03-3554-9500

診療時間
8:00~20:00日曜:14:00~19:00)
休診日
木曜日
お問い合わせフォーム