腰痛、肩こりは按腹治療の東京都練馬区「源義堂宮原鍼灸ファミリー治療院」へご相談ください。

予約優先・お気軽にお問い合わせください

TEL03-3554-9500
お問い合わせフォーム

ブログ

恐怖心が胃と腎に影響して発症した不安症

恐怖を感じたとき、身が縮むように感じるというごとく、身体への影響は無視できません。

おばけを見たり、犬に吼えられたりと、その形は様々ですが、どれも良い思い出とは言えません。

恐れおののきが過ぎると腎を傷めます。

急な物音で驚き、飛び上がった経験があるでしょうか。

これは腎の部である下腹部が反射で急に縮み、飛び上がったり、うずくまったりすると考えられます。

腎気が下がり、身体を温める作用が低下して、夏でも温めなくてはいられない方にお会いしました。

この方の、症状の原因を調べると過去の恐怖体験が原因しているようです。

潜在意識に固まっている恐怖心が、おなかでは腎と胃の部にこりを形成しています。

お腹のコリを除去しながら、同時に潜在意識の固まりにもアプローチして治療しています。

 


予約優先お気軽にご相談ください

TEL03-3554-9500

診療時間
8:00~20:00日曜:14:00~19:00)
休診日
木曜日
お問い合わせフォーム